株初心者が初めに迷う証券会社の選び方

グラフ

株初心者にとってどの証券会社に口座を開設するのがおすすめであるのかについては判断に迷うところであると言えるでしょう。
どのような取引の形を希望しているのかによっても最良の選択肢が変わってきますので、唯一絶対の正解があるわけでは無いのです。
手数料1つとってみても、どのような取引の形を想定しているのかによって最良の証券会社の選択は変わってきます。
株初心者の場合には自分の投資スタイルも決まっていないことが一般的であるといえますので、選び方について考慮するのにも限界があるというのが現実であると言えるでしょう。

そのため株初心者のうちはいくつか存在している大手の業者の中から1つを選択してみるのがおすすめです。
取引のために用いるツールやサービスの詳細についても実際に使ってみなければ経験を積むこともできませんし、具体的な判断をすることも難しいのです。
証券口座と言うものは同時に複数開設することが認められていますので、実際に証券会社に口座開設をした後で他に良いものを見つけた場合には、新しく別の証券会社に別の証券口座を開設すれば済むと言う問題でもあります。
取引ツールの使い勝手なども実際に試してみて初めてわかることがありますので、良い仕組みがあるのではないかと感じたのであれば口座開設まで進めてみるのも良いでしょう。
注意すべきは1つしか開設できないNISA口座だけです。

投資に慣れ親しんだ投資家の場合には複数の証券口座を並行的に活用しているケースは珍しいことではありません。
例えば新規上場の銘柄であるIPO銘柄などは、どの証券口座でも平等にチャンスが得られるわけではありません。
特定の証券会社でなければ申し込みができなかったり、割り振られる量に違いがあったりします。
積極的に活動するためには複数の口座を使い分けると言う運用が求められる局面もあるのです。
このような特徴を正しく理解するためには時間が必要になりますので、勉強を進める上で少しずつ活動の範囲を広げていくのが良いでしょう。

IPOを考慮した選び方について

株式投資に慣れている人であれば、手数料が安いところや使い易いツールを提供している証券会社を選ぶことが多いです。
注文方法が豊富な証券会社をメインとして利用している投資家も少なくありません。

しかし、株初心者にとっては豊富な機能が備わっているツールがあっても、十分に使いこなせないことが多いです。
多種類の注文方法に対応していても、指値と逆指値くらいしか使わないことも少なくありません。
初心者の場合には売買のタイミングを判断するのが難しいため、なるべくIPO銘柄を購入することを念頭に置いて証券会社を選ぶといいです。
IPO銘柄なら、市場に出回る前に購入できて、購入後は値があがるケースがほとんどです。
そのため、売買のタイミングをあまり考慮しないで済みます。
大幅に利益を出すのは難しくても、手堅く利益を出せるのです。

IPOの取り扱いは特定の証券会社に偏ることがあまりありません。
なるべく、複数の証券会社で口座を開設しておくと、チャンスを掴みやすいです。
証券会社のツールは口座を開設している人であれば、入金していなくても弄れます。
チャートの閲覧などのサービスも利用可能です。
なるべく多くの証券会社で口座を開設しておいて、一通りツールの使い方を覚えておくのがいいでしょう。

普段利用する証券会社の選び方は、実際に一通り使ってみてから決めるのがおすすめです。
何度か取引をしているうちに、必要な機能とあまり使わない機能がはっきりとしてきます。
手数料も1日に少額で何度も売買する人にとってお得なところと、大きな金額でときどき売買する人にとってお得なところがあります。
自分の投資スタイルを見極めた上で普段使うところを選び、IPOに関してだけ他の証券会社も使うようにするのがおすすめです。